FreeCADで授業

 技術科授業で設計に挑んでいる。パソコンの文字入力を行い、設計ソフトで簡単な設計を出来るように3学期取り組んでいる。教科書では等角図、キャビネット図の2Dがメインであるが、フリーソフトの「FreeCAD」で3Dにも挑んでいる。XY座標を理解するのがやっとの生徒にZ座標はなかなか難しいものだが、逆に立体感覚が身につくと思えます。

このソフトは無料であるとともにオープンソースであり、開発は2002年から10年以上かけて、世界各国の有志の手によりコツコツと行われてきている。その手づくり感が良い。また、USBにダウンロードして各自のパソコンで起動できるので使い勝手がよく、簡単な操作はすぐにでき、生徒も楽しみにしてきています。

3Dプリンターデータの入出力も出来るので、来年度は工房で購入する予定の3Dプリンターに生徒が作ったデーターを活用していく事を目指しています。3Dプリンターの機種を選定中です。来年度はまだどの学校で勤務するかは決定していませんが、技術科という教科の枠にとらわれずに取り組んでみるつもりで準備を進めています。

IchigoJam BASIC RPi

 シングルボードコンピュータのIchigoJamがラズパイに移植されてIchigoJam BASIC RPi となって、BASIC言語が使えるようになっている。ラズパイの言語は基本LINUX系のPythonプログラムがメインでScratchが使えるが、パソコン通信からの世代にとってはBASICは懐かしくもあり、GPIOがBASICで使えるので試してみた。

SDカードにIchigoJam BASIC RPi を書き込んでラズパイ2+で起動したがスイッチを入れて2秒で立ち上がる凄さに驚く。懐かしいコマンドを入力してブレッドボード上のLEDをGPIOで点滅してみる。PWMが2つ使えサーボモータも制御出来る。

 授業でBASICは古いかと思っていたが、この言語のいいのはコピー出来ないという点で、コツコツと自分で入力することが求めらるのが逆にいいように思える。コピペになれた世代には持って来いのように感じる。小学校で英語も必修になり、プログラム命令数の少なさも中学生には入りやすいように感じてきた。ScratchにしろPythonにしろ他の言語よりも、一般的な中学生にアルゴリズムの基礎を教えるには一番適するものかもしれない。IchigoJam本体についても教材として見直してみようと思い始めています。1500円の安さは公立中学校現場には貴重です。

 

 

 

寒い工房にて

 まだまだ寒さの続く中、棚作りに夫妻が来て、ほぞ穴と棚板の加工。もう一息です。

 

 

 

 小学生の子どもさんはミニ四駆にはまって改造を楽しんでいます。正月明けには若松のレース準決勝までいったそうです。5月のミニ四駆大会が楽しみです。

 

 

 

 トンボ玉教室には飯塚から男性がガラス細工の技法を取得にきました。金太郎飴と同じものをガラスでつくるミルフィーユづくりに一日取り組んでいました。

 

 金属や木工旋盤の加工用の切削用バイトを手作りしているトンボ玉の講師の方が作品を持ってきてくれました。超硬やタングステンで刃先をつくり、鉄の丸棒に溶接でつけています。どれも素晴らしい刃物に仕上がっています。柄をつければ一本1万円以上はするバイトだと思います。金属や木材を削るために刃先を変えて様々な加工ができるようにしています。ダイヤモンドカッターで製作しているとのことです。

数本、工房に置かせてもらいました。

工房は寒いので工房の前で薪ストーブを焚いています。これだけでも工房は暖かくなります。いろいろな加工や工作にどうぞご利用ください。

 小倉の女性がキッチン家具の製作を相談に来られました。一つは私が製作して、もう一つはDIYにチェレンジするとのこと。3月下旬から製作に入ります。「DIY」は、作って見たいが原点です。


2018-01-28 | カテゴリー : 工房 | 投稿者 : admin

ランディングネット製作とブレッダー

 日本全国を車でヤマメ釣りを楽しんでいる福岡市の方がランディングネットを製作に来ました。ブビンガ材をネットで仕入れてジグもいろいろと作って製作しているとのこと。ブビンガを40度のお湯に5分つけて曲げてアールをつけていくそうです。寒い中、糸鋸盤で製作していました。3月に雪残る岐阜県の山奥に一週間籠もるそうです。

 

 

 

 小学生むけのワークショップにむけて二足方向のロボットを試作しています。中国製のギアボックスが届いたので早速製作してみました。ブレッドボードを使ってLEDを点滅出来るようにしています。「ブレッダー」と名付けてみました。電気的な部分と機械的部分の両方が入っている製作なので小学生にはぴったりのような気がします。

 

 

 

 

木工遊びの会

 年に数回の北九州木工遊びの会の新年会。小倉あや鶏にて8名で楽しく過ごしました。

 遠くは広島県福山から参加、福岡市、戸畑、遠賀町。プロの木工人、趣味人、様々な方たち。11月にはのほほんさんが主催で門司港レトロで木工展示会を実施することになり、5月には、それを理由に飲み会ということです。いろいろな生き方をしてきた方たちとのひとときの時間が大切に思えます。昨日はisuakiraさんの木工パズルで盛り上がりました。

皆さんのブログです。こちらも楽しく、木工の技や木材、木工機械のことなど書かれていて参考になります。

 



 

 LINEを始めたました。LINEで連絡も取れるようになりましたので、レンタル工房の予約や革教室、トンボ玉教室、プログラム教室、木工旋盤などの連絡にも利用して下さい。LINEって便利ですね。木工遊びの会のLINEグループができました。

正規教員の時に生徒同士がLINEでいろいろな問題を起こしてその指導や後処理でLINEなんか使わないぞと思っていたのですが・・・。

2018-01-26 | カテゴリー : 木工 | 投稿者 : admin