地元の刀鍛冶宅訪問

 刀剣ブームらしいです。福岡市博物館に「へしきり長谷部」が展示が昨日終了しました。

 私の住む行橋市のとなり町に警察官を退職して刀剣づくりをされている方がいることを知り、今日、紹介して下さった方と一緒に工房を訪問しました。現職中から刀剣に関心をもち、奈良県吉野で修行を積んで自宅に、刀剣づくりの工房を作っています。太刀とお守り刀を拝見させてもらいました。素晴らしい輝きを持った太刀に圧倒されました。昨年、兵庫県三木市の千代鶴工房で鉋づくり体験をさせてもらったのですが、これから、ちょこちょこよらせて貰って、小刀を製作を体験させてもらうことになりました。また、鍬や鋤を製作している鍛冶を趣味にしている方も紹介してもらい、この方も近隣の町なので、訪問させてもらうことにしました。村の鍛冶屋さんがまだいることにも感激です。

 たたらで作った玉鋼を材料に使い、日本刀を製作していて、玉鋼もみせてもらいました。1kgが一万円だそうです。日本刀では最低5Kgは使うそうです。研ぎ、鞘、はばきなど日本刀についてもいろいろ教えてもらいました。「へしきり長谷部」時価数億円の国宝だそうです。

 私の住む福岡県東部の京築地区にはまだ、いろいろなものづくり人がいることを再確認しました。今後の一つの活動として、京築地区のものづくり人を訪ねて、ブログに紹介していくようにしたいと思います。自分のひとつのライフワークにしようと思います。

IMG_8658 IMG_8659 IMG_8662 IMG_8663 IMG_8664 IMG_8666 IMG_8669 IMG_8673 IMG_8677 IMG_8680 IMG_8682 IMG_8684 IMG_8688

2017-02-07 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : admin