鉋作り体験二日目

 千代鶴貞秀の工房にて鉋刃作り2日目。焼き入れ、焼戻し作業・銘入れ。三木の職人として生きることを決めた直秀さん。まだ30代の彼の手からどんな鉋がこれから生まれるのか楽しみです。

 焼き入れの温度を見るために工房は暗くします。昼の12時前ですが暗幕で暗くしています。焼き入れ温度900度の色になったら素早く取り出して水に入れます。焼き入れで使うのは松炭です。左足でフイゴを操作して炉に風を送ります。焼戻しは150度に熱した菜種油の中で2分程度入れます。焼き入れで硬くなったハガネに粘りを持つようにします。焼戻しが終わった刃をおがくずの中に入れゆっくりと冷まします。歪みとり、研ぎを経て、銘を入れます。刃研ぎ職人、台打ち職人のもとに渡り、2寸4分鉋の完成です。早くこの鉋でヒノキ材を削ってみたくなりました。

IMG_7205 IMG_7207 IMG_7216 IMG_7219 IMG_7220 IMG_7222 IMG_7223 IMG_7228 IMG_7232

2016-03-31 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : admin

工房再開は4月2日に変更です。

4月1日再開と書きましたが、折角なので広島県府中市に帰りに一泊して府中家具の町を探索します。よって再開は4月2日からになります。

 

 

月曜日の工房

 木工旋盤でケヤキのお椀づくりにみやこ町の男性が挑んでいます。バイトの使い方や材料の固定に四苦八苦しながらですが、そこがまたいいんだよと試行錯誤です。また来週チャレンジに来ますとのことです。

IMG_7112

 

 

 

 

 

 

月曜日の工房春休みに入り子供たちも来て賑やかでした。職場の異動などで贈答用のボールペンやシャープペンの依頼があり製作しています。黒檀の依頼が今年は多くあります。革教室に来られているお母さんが作品を作り上げに午前中にきました。トンボ玉教室に来られている方、男性ですが器用です、豆人形を作られています。春休みに入り小学生が来て、プログラミングで模型を動かしています。

明日から3月31日まで兵庫の刃物の町、三木市で鉋を作りに刀鍛治の伝統を受け継ぐ千代鶴貞秀の工房に行き泊りがけで鉋作りをしてきます。工房はその間お休みにします。再開は4月1日からです。ホームページにて鉋作りの様子などはアップしていきます。

IMG_7115

IMG_7111
IMG_7113 IMG_7116 IMG_7119

 

 

2016-03-28 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : admin

入学祝いのテーブル完成

 子供さんの入学祝いにと夫妻で製作した机が出来上がり今日持ち帰りました。製作でお世話になった行橋市内の『酔工房』さんにもお披露目に行かれたとのことです。お母さんとお父さんが製作する場面を見てきた子どもさん。子どもさんが成長した時に、この机のかけがえのないものになるはずです。ものづくりの原点がここにあるような気がします。工房を利用していただき本当にありがとうございました。

IMG_7109 IMG_7110

12910260_1003494796406578_575943728_n

 

 

 

 

トンボ玉体験に来られている行橋市内の男性が5回目の体験に来ました。バーナーをネットで買って持ってきました。もう完全にはまり込んでいます。明日6回目に来られます。ミルフィーユづくりを今日はしていました。

IMG_7107 IMG_7106

2016-03-27 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : admin