工房3日休みます。

 今日はOTONAコラボでした。暑くてとても作業するといった状況でなかったのですが、テープカッターづくりにいどみました。暑さのために写真を撮り忘れました。

 明日から8月2日まで工房は休みます。8月1日に清水市のオフコーポレーションである木工教室でタブテール治具の使い方を習ってきます。8月2日は鈴鹿サーキットで行われるENE-1を見学してきます。

2015-07-30 | カテゴリー : 工房 | 投稿者 : admin

親子でボックスづくり

 親子でボックスづくりに苅田町のお母さんと小学生が訪れて、 それぞれがボックスをつくりあげました。ボックスづくりは、バナーで焼いた後に金タワシでこすり、水拭きしてひび割れ塗料を塗り乾かします。最後にワックスを塗ってしあげます。結構手間がかかります。3時間でばっちり作り上げてもちかえりました。また9月に来るとのことで楽しみです。今後常連になりそうな雰囲気の木工女子コンビです。

IMG_3854 IMG_3856 IMG_3858

2015-07-29 | カテゴリー : 木工 | 投稿者 : admin

テープカッターの製作教室

 お札立てを参考にアレンジして貯金箱をつくりました。賽銭箱にコインを投入するようにしました。投入に合わせて声で「大吉」「中吉」と今日の運勢を出せるようにするといいのですが。いまのところポンという落下音しかでません。しめ縄と鈴のミニチアを鳥居につけるくらいはしたいです。

IMG_3848 IMG_3850

 

 

 

 

 

 

 

 

 小学生のものづくり体験用とOTONAコラボの製作品として、テープカッターを試作しました。マスキングテープも置けるようにして、金切り鋸の刃でカットします。ネットでイロイロ調べましたが、テープカッターひとつとってもいろいろあり面白いですね。これにアクリル絵の具やニスで仕上げるようにします。

早速、小学生のものづくり体験教室の申し込みがあり小学生5名が8月7日(金)に来て製作します。材料費込みで1000円です。希望する場合は盆過ぎであれば希望に添えます。

 

IMG_3846 IMG_3847

 

 

 

 

2015-07-28 | カテゴリー : 教室 | 投稿者 : admin

小学生の木工教室

午前中、小学生4年生3年生2年生と保育園児4名、午後、小学5年生が1名木工のものづくりにきました。午前中は昨年来た兄弟で、リピーターです。貯金箱づくりにきました。御札飾りをアレンジして貯金箱にしました。アクリル絵の具でそれぞれ色塗りをしました。

IMG_3826 IMG_3827 IMG_3829

 

 

 

 

 

午後は教え子夫妻の子どもさんで、ボックスづくりに本格的にとりくみました。板材の切断はテーブルソーでしてあげましたが、あとの加工は自力で行えました。ダボ穴加工やエイジング処理をしてカッコ良い物に仕上がって持ち帰りました。午後1時から4時まで3時間みっちりとものづくり体験できました。

 夏休みの小・中学生体験教室は、木工、コンピュータなどで実施します。希望される方は連絡して下さい。ただし、7月31日〜8月3日と8月9日〜16日はお休みです。それ以外の日は希望に応じますよ。

IMG_3830 IMG_3831 IMG_3832 IMG_3833 IMG_3837 IMG_3839 IMG_3841

2015-07-27 | カテゴリー : 木工 | 投稿者 : admin

魂を吹き込まれた道具たち

 子どもさんの学習机の制作に行橋市の家族が2回目の作業に訪れました。今日は午前中に前回の続きのかんながけをしました。奥様も張り切ってかんながけをしています。次回は家具作りをしている近くの工房「酔工房」に一緒に行き角のみ盤を借りてホゾ穴あけをします。家具職人さんに直接教えてもらって作業できることは私も楽しみです。次回はお盆過ぎになります。

IMG_3806 IMG_3809 IMG_3808

 

 

 

 

 午後、工房に東京から国東に帰省中のご夫妻が訪れました。奥様のお父さんが木型職人であったそうで、亡くなられて10数年経って道具を使う人がいないのでと持ってきてくれました。20年近く使っていないのに、まるで昨日まで使っていたようなものばかりです。カンナは60種類ほとんどのものが手づくりです。ノミ70種類もお宝ものばかりです。自分に使いこなせるシロモノではありませんが、少しでもものづくりに活かしていきたいと思います。きっと死の直前まで手入れされていたであろうこの道具たちは、魂を吹き込まれた道具なんです。木型職人として70数年を生きたこの方の人生に思いを馳せながら、道具に魂を吹き込んだまま亡くなった彼の凄さに感動です。わざわざ持って来て頂いてありがたいばかりです。この道具たちはまるで人のように語りかけています。「あなたはどう私たちと付き合うのですか」と。昭和を生きた職人の声を代弁しているんでしょうね。

 野球好きの少年はグラブをいつまでもスポーツ店で触るものでしょう。ものづくりの好きな少年・少女がこの手づくり道具と手入れをされたままの道具をみた時、どんな顔するのだろうか?

IMG_3813 IMG_3816 IMG_3818 IMG_3821 IMG_3823 IMG_3824

 

 

2015-07-26 | カテゴリー : 木工 | 投稿者 : admin