電子工作

 Aruduinoを使ってDCモータを制御する回路をブレッドボードで作り、S4Aソフトで操作できました。Aruduino互換のKeyestudioで出来た事で価格面で半分くらいでいろいろな回路作りができます。モーター、ブレッドボード、ジャンパー線がすべて中国からの購入品です。DCモータドライバーはTA7291Pを使いました。この回路でモータの回転方向、スピードの制御が出来ます。

 

 

 

 電子工作とプログラムが繋がる授業がどうにか出来そうです。センサーなどをつなげて授業で中学生にどう取り組ませるか検討中です。日常生活で使えるものを考えています。

S4Aの問題点は常にパソコンと通信を行っていることです。USBケーブルを抜き取ると動作が止まってしまいます。これではパソコンと変わらなくなってしまいます。これを逆手にとってScratch言語から、Aruduino IDEへの移行ができるのではないかとも考えています。

const int motorA = 10;
const int motorB = 11;
const int PWM_mot = 9;
void setup(){
pinMode(motorA,OUTPUT); //信号用ピン
pinMode(motorB,OUTPUT); //信号用ピン
}

void loop(){
digitalWrite(motorA,LOW);
digitalWrite(motorB,LOW);
delay(1000);
digitalWrite(motorA,HIGH);
digitalWrite(motorB,LOW);
analogWrite(PWM_mot,100);
delay(3000);
digitalWrite(motorA,LOW);
digitalWrite(motorB,LOW);
delay(1000);
}

IchigoJam BASIC RPi

 シングルボードコンピュータのIchigoJamがラズパイに移植されてIchigoJam BASIC RPi となって、BASIC言語が使えるようになっている。ラズパイの言語は基本LINUX系のPythonプログラムがメインでScratchが使えるが、パソコン通信からの世代にとってはBASICは懐かしくもあり、GPIOがBASICで使えるので試してみた。

SDカードにIchigoJam BASIC RPi を書き込んでラズパイ2+で起動したがスイッチを入れて2秒で立ち上がる凄さに驚く。懐かしいコマンドを入力してブレッドボード上のLEDをGPIOで点滅してみる。PWMが2つ使えサーボモータも制御出来る。

 授業でBASICは古いかと思っていたが、この言語のいいのはコピー出来ないという点で、コツコツと自分で入力することが求めらるのが逆にいいように思える。コピペになれた世代には持って来いのように感じる。小学校で英語も必修になり、プログラム命令数の少なさも中学生には入りやすいように感じてきた。ScratchにしろPythonにしろ他の言語よりも、一般的な中学生にアルゴリズムの基礎を教えるには一番適するものかもしれない。IchigoJam本体についても教材として見直してみようと思い始めています。1500円の安さは公立中学校現場には貴重です。

 

 

 

Scratch2.0とGPIO

 Scratch2.0でGPIOを確認してみました。Lチカ、DCモータ制御できました。サーボモータも動きましたが、細かい制御が出来ず、苦戦中です。ともかくスクラッチ2.0でGPIO使えると子どもたちに電子工作とプログラムを楽しんでもらえそうです。

 中学校の授業でScratch2.0のネット版を30人が一斉に使うと表示が遅くて使い物になりませんでした。ダウンロード版をUSBに入れて各自が起動するようにしましたが、Flash AIR がインスツールされてなく、管理者権限でないと出来ませんでした。教育委員会にすぐに連絡しました。委員会の担当者が午後にはコンピュータ室で作業して使えるようにしてくれたようです。せめて技術科教員ぐらいにはインスト権限あたえてもらえないかと思いますが、しょうがないです。明日の授業で試してみます。

ラズパイロボ

 ラズパイ2Bを使って6足のロボットを組み立てました。まだ半田づけ配線はしていませんが、仮組みしてみると製作がたのしみになります。スマホを使っての操作、WIFI化、カメラ設置してのライントレース、障害物回避などいろいろと発展性があります。このラズパイロボを使っていろいろ試していきます。先々、ロボットワークショップを行えたらと考えています。ワークショップでは、部品代をいかに抑えるかが一番の課題です。

ガジェットづくり

  Raspberry Pi用3.2インチタッチパネル式液晶モジュールとエレコムBluetoothスピーカーでYouTubeの動画を自動再生するガジェットを製作。アナログ再生はfmTOWNSスピーカーで出力します。YouTube音楽を流し放しで作業できます。ラズパイ3BでOSはRasbian jessie 最終版です。