焼け付いたモーターの修理

 電動草刈りで工房の草刈りをしていたのですが、30分の使用時間を超えて使っていたためにモーターが焼き付いてしまいました。トンボ玉教室が午前中あっていたので、講師の方に相談して修理のノウハウを教えてもらいました。トンボ玉の講師の方は若い頃は電気技術者として日立で活躍していた方でその道のプロフェッショナルです。

 モーターの焼き付けはではまずテスターでコア部の絶縁状態を調べます。絶縁が出来ていれば修理が可能です。絶縁されていなければコイルが切れてしまっているので巻き直すか修理不可能です。

 

 

 

 

 修理可能であれば、焼きついてしまったモーターは熱でベアリングのオイルが飛んでなくなってしまい、コアの樹脂が溶け出して回転を妨げるようになっているのがほとんどということです。下の写真が樹脂がこびり付いている状態です。これらの樹脂をコイルを切断しないようにカッターナイフややすり400番で落とします。スムーズに回転出来るようになればこの部分のメンテナンス作業は終わりです。モーター音だけして回転しない原因はこの樹脂の塊が抵抗となって回転を止めているということです。

 

 

 

 

 

 次にベアリング部のオイルが飛んでしまっているので、洗浄スプレーで洗って、防さび剤をスプレーします。グリースは耐熱用のものを使用します。グリースをベアリング内に入れる際には防さび剤や洗浄スプレーと一緒にするとベアリング内にうまく収まります。

 

 

 

 メンテナンスがおわったら、ルーターを使って草や樹脂がこびり付いている部分を切れにとります。組み立てではカーボンスイッチの極を間違えないように組み立てないと逆回転します。分解前に写真を撮っておくことが大切です。

 

 

 

 以上で修理完了です。見事に蘇りました。

車のちょっとした窪みや傷のメンテナンスについてもアップしますのでお楽しみに。

2017-08-11 | カテゴリー : 機械 | 投稿者 : admin

ミニ機織り

 運動会の代休で近所の小学生が工房に遊びにきました。ミニ機織り機の織り方を教えてやるとすぐに覚えてリストバンドを1時間で作りました。一台では足りないので数台をまず手作りします。

IMG_3491 IMG_3488 IMG_3486

2017-05-29 | カテゴリー : 機械 | 投稿者 : admin

効率と精度

 アモルフェス金属を貼り合わせて炉で180度1時間、熱してコイルを巻く鉄心をつくる。そのための炉を手作りしている築上町の『木本工作所』さんにいきました。工作所といっても、30代前半の機械好きな青年一人の作業所です。この鉄心を使った手作りモーターで鈴鹿Ene-one1での上位優勝を目指している若者です。効率93%のモータを96%にあげるために試行錯誤している現場は凄いの一言です。さらに、削り出しアルミホールにアルマイト加工で色を付けています。効率を1%あげることの難しさとそれを追求して、ほとんど自作の部品でつくるモーターやエコランカー。ものづくりの究極の面白さを教えてもらえた、雨の夜でした。


img_0843
img_0839 img_0834 img_0837

img_0822

 

 

 

 

 伊良原学園の授業を終えて工房に午後戻ると、太宰府から来た若者が待っていました。道路工事に関わる土木関係の仕事をしているそうですが、包丁をつくるための道具づくりのためのジグをつくりたいとわざわざ雨の中、来てくれました。包丁を知り合いなどに手作りしてプレゼントしようと包丁作りに挑んでいるとのことです。すでに10本近く製作しているのですが、まだ人にあげるほどのものが出来ないということです。工房にに置いている日立の大型ボール盤で正確に垂直に穴を開けたいと確認に来ました。ドリル刃自体が曲がっていてはと1万円近い刃を持ってきてチャックの回転精度と、作業台の水平精度を確認していました。包丁を荒研ぎするものは高価なので自分でベルトサンダー的な研ぎ機を製作するためにボール盤加工の精度が大切と言うことでした。

今日は、効率と精度について追求する若者の姿勢に多くのことを学ばせてもらえた一日でした。

img_0797 img_0809 img_0807 img_0805

2016-09-28 | カテゴリー : 機械 | 投稿者 : admin

ミニ四駆レース

 ミニ四駆のコース作りとミニ四駆作り、小学校2年生、6年生、中学2年生、大人が同じ土俵で楽しめます。コースを考えてみんなで作り上げて競い合う。コースを疾走するミニ四駆に見とれてしまいます。この一歩は、FABミニ四駆へいつの日か続くと感じます。工房にコースを常設しています。遊びに来てみてください。今日は22メートルコースを製作してレースをしました。

IMG_8787 IMG_8793 IMG_8807 IMG_9072

2016-07-30 | カテゴリー : 機械 | 投稿者 : admin

ロボット製作教室へ

 今日は行橋市内の4歳と小学校1年生の兄弟とロボット製作教室をしました。すでに1年生のお兄さんは電池のプラス、マイナスだけでなく、モーター、コイル、磁石の極性を知っていました。まず、レゴやアーテックブロックを使って、ギヤボックスづくりとリモコンスイッチを製作しました。小学1年生や4歳を相手に相手にするのは初めてなので、まずどこまでできるのか、わかってもらえるかでした。ロボットをぜひ作ってみたいというだけある兄弟でした。子どもの可能性を感じます。次回来週の日曜日には簡単なブロックを使った模型を動かしてみることにしました。目がキラキラして製作している姿は中学生を相手にしてきた私には驚きでした。小学生でもここまでできるのかです。逆に楽しみができました。レゴマインドストームの大会を数年後目指してみたくなりました。

IMG_6903 IMG_6906

 

IMG_6901 

2016-03-06 | カテゴリー : 機械 | 投稿者 : admin