革加工とトンボ玉づくり

 革教室は10月は毎週土曜日13時から行います。講師の方が安く牛革などを仕入れてくれるので大物のバックなどの製作が出来ます。カービング用の道具もいろいろ揃っていますので、手ぶらで参加出来ます。気候もものづくにピッタリです。見学がてら覗いて見て下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 トンボ玉教室は中間市から初参加の女性です。バナーでの製作をしたことがある方でとても丁寧に作り上げていました。昨日の方と同じように自宅に設備があるので製作して一ヶ月後にまた、持ってきて講師の方に見てもらうようです。トンボ玉の面白さにはまっている人たちがまた一人工房に来てくれるようになりました。

 

 

 

 

 スギ材のカホーンづくり。サンディングをして1回目の塗装に入りました。ローズウッドカラーのオスモを選択して木目が目立つようにしてみました。

今日の工房

 トンボ玉教室に博多から2回目の女性がきました。自宅で10個ほどのトンボ玉を作ってもってきて講師の方にみてもらい、それから玉を3つつくりあげました。自作の玉にはカードで製作上の課題などが書かれていました。講師の方の作業をスマホに撮って自宅でまた製作するそうです。こういった形でトンボ玉作りを教えてもらえる教室はほとんど福岡ではなくなったよいうことです。体験だけでなく、トンボ玉教室として貴重なスペースになっています。明日は中間市から女性がチャレンジにきます。

 

 

 

 

 お孫さんの小学校入学に備えて机の上に設置する台を製作に行橋市内の方が来ました。ものづくりの楽しさは人のために製作するときに倍増されます。その人の顔が思い浮かぶ関係のときはさらに倍増されます。ちょっとした物ですが、いろいろな想いが詰まったものが出来上がっていきます。

 

 

 

 

 点検用のハンマーに社名とネームを入れて欲しいということでレーザー加工機でいれました。

 

 

 

 

 カホンづくり2日目。ビスケットジョイナーで接合してボンドを塗って1日固定しておきます。

トンボ玉づくり

 トンボ玉体験に福岡市から女性がきて半日、講師の方と楽しみました。トンボ玉製作グッズを購入したものの上手くいかずに、ネットで調べて工房に来てくれました。今までも数名の方がトンボ玉製作のガスボンベや用具を購入したが、丸くならないので講師の方に教えにもらいに来ています。また、逆に数回工房でチャレンジするうちにトンボ玉づくりの面白さにはまって用具をネットで購入したり、自宅にトンボ工房を作った方など様々です。今日来た方はこれからどういう方向にいくのか楽しみです。とても丁寧に作業をする方で講師の方が感心していました。

トンボ玉教室で使用する用具をアップしてみました。講師の方は片手でも出来るように自分で工具を手作りしています。

2018-08-30 | カテゴリー : トンボ玉 | 投稿者 : admin

ほぞ加工

 ガラス材でミルフィーユづくりにチャレンジしている方が一日、今日も加工に挑んでいました。ガラスの加工はその難しさから一度やり出すとはまり込む人が多くいます。工房に来た方もトンボ玉製作器具を自宅に購入した方が5名はいます。ガラスを思い通りに加工できるようになることに憧れます。

 

 

 

 行橋市内の中学校のテント収納棚の製作に入りました。今日は手書きで設計図を書き、材料があるか確認しました。caDIY3Dという設計図ソフトのお試し版で仕上げてみました。このソフトはSPF材や板材、金物など規格品がメニューにあり、それぞれの価格までわかるので使いやすくソフトです。

 

 

 

 古い角材を使って、角のみ機で3cm×9cmのほぞ穴を開けてほぞをバンドソーで作ってみました。久しぶりのほぞ加工でしたが、機械のおかげでうまくいきました。明日から本番です。2m×2m×1mの棚を2セット製作します。

ガラスの加工

 今年最初のトンボ玉教室が日曜日の今日から始まりました。ガラス細工を学びたい飯塚市から男性が来て10時から16時まで取り組みました。今日はガラスの性質について講師の方の技を見てから、トンボ玉づくりにチャレンジしていました。

 

2018-01-21 | カテゴリー : トンボ玉 | 投稿者 : admin