ガリ版印刷とエジソン

 門司港レトロでの木工展示会にむけて、ガリ版刷りでの工房紹介チラシを製作することにしました。会場に合わせてレトロで迫ってみます。謄写版用のロウ原紙に鉄筆で書き込んでいきます。下にやすり板をひくことで鉄筆で書き込んで文字の部分だけに穴が開きます。ここにインクが入り込み文字が印刷されます。発明王エジソンが開発したものを日本人が改良して明治期から昭和まで使われた文具機械。私が学生時代の教育実習ではまだ使っていた記憶があります。電気の必要の無い印刷機を電気王エジソンが開発したのも面白いものです。ファックス原紙から輪転機印刷、コピー機と学校現場の印刷機器は変わってきました。ワープロを使わずに定期テストを製作していたのはいつまでだったのか記憶が曖昧ですが、ワープロは使わないと抵抗していた先生もいた記憶があります。

 学校現場にICT機器が導入され教育環境は変わってはきています。授業にいっている下関の中学校では全員がタブレットを文具のように使っている。その一方、朝の自学ではひたすらペンをもち、文章を書くことを行っている。エジソンは電気の時代を作ったが、文字を使うという人間が獲得した最高の文化を手書きで伝えることにこだわって、150年後のコンピュータ社会を知っていて、ガリ版印刷を残したのかもしれないと思ってしまう。AIがそのうちに、子どもたちの質問に対して、「自分で辞書や教科書で調べてノートに書き取りましょう」と答えるようになるかもしれない。そのことこそが、エジソンが手書き印刷機を残したように、未来のこどもたちに大切なこととAIが考えて答える時代が早々と来るかもしれないと思ってしまうほどの学力の現実がある気がします。学力とは何かという問題がそこにはありますが・・。

日本に謄写版を紹介して広めた堀井新長治郎を紹介した山形ガリ版資料館のWebサイト

2018-10-11 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : admin

茶箱とペナント

 旅好きのお父さんが亡くなって残してくれたペナントの収納ボックスを製作してほしいと遠賀町の方から依頼されていました。田川の方から頂いた古い茶箱を再利用して収納ボックスにすることにしました。サンディングをして汚れや紙を取りアンティーク風に塗装してみることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ペナントは私たち世代以上の方にとっては懐かしい旅グッズです。この方が仕事の合間に日本全国を巡った足跡がペナントという形で伝わってきます。昨年閉園したスペースワールドのペナントなどはプレミアものだと思いますが、遺族にとっては一枚一枚が大切なものだと感じます。この茶箱を開けるたびにお父さんの匂いが蘇ってくるように感じられる収納箱をつくりたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペナントを見ていると懐かしい旅の歌が蘇ってきました。

2018-10-05 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : admin

カホンにレーザー加工

  カホンがもうすぐ出来上がります。レーザーでネームとcajonの文字を入れます。明日ビス穴を明日、スナッピーを取り付けてほぼ完成です。

 

 

 

 

  来年3月のワークショップコレクションの打ち合わせにグッデイのワークショップ企画部の方が工房に来ました。ホームセンターとのコラボや若松ひびきのグッディ内のワークショップなどこれからの展開が楽しみになりました。古本舎の内装に漆喰塗りワークショップの場にしてはなど、いろいろとヒントをもらいました。やはり、ものづくりを広めていく事を仕事にしている人達と話すのは刺激的であり、楽しみです。

2018-10-01 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : admin

この木何の木

 中学1年生の授業で木材について調べる学習をしています。まず校内の樹木巡りをしました。校舎のシンボルツリーとして校舎前に立つ木。この樹木はなんという木なのでしょうか。職員は誰もわかりませんでした。結局、工事の際に植えた造園会社に確認してわかりました。カシの木でした。校内にはわかるだけでもサクラ、マツ、ケヤキがあり、名前の定かでない樹木もかなりありました。

 樹木図鑑などを頼りに調べて名札をつけることにしました。取りあえずシンブルツリーについては、校内掲示用にカシについて調べて掲示します。行橋市の中学校ですが、造園を請け負っていたのは若松の造園会社でした。HIBIKIの放送後に訪問してみることにしました。

 田舎の学校だけに学校の周辺には巨木も多くあり、写真に収めて校内にマップを作れそうです。

2018-09-27 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : admin

製材所にて

 依頼品のカホンの製作用と棚田まつりでのカホンワークショップ用のスギ材を購入しました。工房から3分の場所にある地元の製材所でスギの乾燥材で板厚2cm~3cmのものを購入しました。荒材で購入して工房の自動カンナで仕上げると安く材料が取れます。

 製材所では丁度、クス材の製材中で見学しました。こういった場所を地元の小学生が訪れたりすることがないのが勿体ないと思います。木材がどのように加工されていくのか、製材所の閉鎖が多くある中、頑張って続くけている地元の製材所は地域の財産だと思います。

 工房に帰ってからカホンの製作に入りました。スギ材独特に香りがカンナをかけると匂ってきます。材料取りを済ませて明日から組み立てに入ります。

2018-09-27 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : admin