ドローンとオンラインゲーム

  期末テストづくり、採点、学期末評定出しとこの時期のミッションがようやく終わり小屋づくりや工房のリフォームにこれから1月中旬までの冬休み終了までは作業にかかります。

  今日は中3生の授業でドローンを組み立て、ビジュアルプログラムで動かすことをしてみました。やはり飛行する物体は壊れるかもしれないという緊張感もあり、車ものやロボットものとは、また違うわくわく感があります。2台あるのでプログラムで、音楽あわせてダンシング飛行をする課題に1月から挑みます。

 

 

 

 

 

 

 もうひとつの中学校ではタイから転校生がきています。彼はタイで学生5名で立ち上げたゲーム解説サイトで月収40万から50万を稼ぐユーチューバーです。彼の話しではオンラインゲームの世界大会が先日韓国・インチョン(仁川)で開催されたということです。リーグ・オブ・レジェンドというオンラインゲームでの World Championship Final(決勝戦)は今後のゲームの世界の方向性を示すものになったようです。「ゲームばかりして」と大人は言うけれど、社会的常識がなければゲームですら強くはなれないそうです。オンラインゲームをする場面をライブ配信するサイトは万単位で視聴者があつまるそうです。

 

 

 

 

 

 

 建築業界や福祉・教育関係などの人材不足が叫ばれています。若者たちは、高額な報酬が貰えるプロスポーツやユーチューバーに憧れ、少ない給料でも自分の好きなこと、夢を追って過ごしたいと考えている若者がふえています。産業界の意向を受けやすいのが現在の教育の中身です。どのような内容を授業で教えるのか、そこには産業界の戦略が見え隠れしています。「100万回再生すればお金が貰えるようになるんですよ」「いいねがたくさんあるとスポンサーがつくんですよ」と教えてくれる中学生たち。大人文化の反映されたものと見た方が正しいと思う。そんな現状を思うと学校現場がやるべき事がまだまだあるように感じる。

宇宙とスパコン

 究極のものづくりは宇宙ではないかと思う。宇宙の誕生に関わる研究、特にブラックホールについてとてもわかりやすく解説してくれているNHKラジオ日曜カルチャー「やさしいブラックホール入門」

 筑波大学計算科学研究センター教授…大須賀健さんの語りが面白くわかり易い。天文学者の最前線の研究などもわかり宇宙の未来についてまで全4回で話しているアーカイブラジオ。

来年1月に山口市で行なわれる「スパコンを知る集いin山口」是非参加したい内容です。

181119_1p

2018-12-02 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : admin

BOA SORTE

 「来年はどうしますか」と訊かれる。来年はどうすると自問する。60歳を過ぎ学校現場で授業をすることに様々な思いが迷いがある。技術科教師が人手不足の状況であることもあり「来年はどうしますか」と訊かれる。求められる内が花とも。体力や意欲と体調とも相談する。工房の活動とも絡めて、一年を見通してみる。

 職業としてのものづくり人でもなく、単に趣味としてのものづくり人でもない。「ものづくり」という文化に関わり、その面白さを伝えたい、工房活動と学校現場を足場に引き続き。無理せずにのんびりとをスタンスに。そんな一年をもう一年。そんな気持ちにさせてもらえる彼のことばに出会う。

 【BOA SORTE KAZU】

2018-11-29 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : admin

より良い生活の実現

  佐賀での全国技術家庭科研究大会に参加している。今日は鳥栖市で授業公開があり参加する。可笑しな話だが正規教員の時には県大会ですら参加する事が少なかったが、非常勤になって自費参加しています。正規教員時には出張よりも現場にいたいという思いが強かったのは確かだった気がします。今回、全国大会が佐賀という事で小屋づくりを中断して行ってみました。

授業はエネルギー変換に関する技術の分科会に参加してみました。「既存の基礎的技術の理解」「対話的な学びを通しての学び」「社会とつながる深い学び」という大きなテーマのもと、8時間の授業での6時間目の授業展開を見せてもらいました。新学習指導要領では「より良い生活の実現や持続可能な社会の構築にむけて、生活を工夫し創造する資質・能力を育成する」ことが技術科の目標として示されています。学校現場から少し距離を置ける立場になって考えると、この目標のような人間になる事の難しさと教師一人一人が果たしてどこまでこの能力を出せているのかと自問させられます。

   研究報告では、発電方法によるメリット、デメリットを個人で教科書や資料集で調べてまとめて、グループでの話し合いによる深まり、クラスでの発表での広がりと個人考えの再考という流れは授業の組み立てとして、テクニックとしてとても参考になり勉強もなりました。将来の日本のエネルギーミックスを考える視点として発電コスト、変換効率、安定性、環境への影響など提示して話し合うように仕組んでいく流れは生徒にとって授業に入り込みやすく話し合いも出来たのではと思います。今日の公開授業でも防災ライトの回路をモジュール回路を使ってグループで作るもので、授業の流れは発電方法を考える授業と同じで生徒が活動に積極的に入り込めているように感じました。

    その場でも感想としての意見を言ったのですが、エネルギーについてはこれからの子どもたちは避けては通れない持続可能社会を作るための課題だと思います。将来の日本のエネルギーミックスを考えるためのそれぞれの視点を新たにかんがる事自体が求められているように思います。そのことこそが生活を工夫し創造する能力だと思います。そこには哲学的思考が必要とも考えます。技術科が教科として生き残る、或いは教科としてに必要性を求められる独自性は何なのでしょうか?

    折しも「おだやかな革命」というこれからを生きる我々に豊かさとは何かという問いを投げかける映画が上映されています。より良い生活は効率を求めることからという時代が終わり、「持続可能な社会の構築」をテーマにしなければならないほど人の価値観が多様化してきているのだと思います。大規模風力発電や大規模太陽光発電などにも反対運動を起こしている人々がいます。もちろん原子力発電もそうです。個人と国家の問題や幸福感の捉え方など教育現場がどの方向を向いているのか。どう考えても国のお抱え人の一人としての教師の授業観だけでは、子どもたちの心に迫り得ているのかと感じるばかりです。欲望の時代といわれる中、ニッサンの問題や何億といったスポーツ選手の報酬などをどう子どもたちに資本主義社会を作っていっている大人の一人としてどう捉えて話すのかさえ教師は問われる時代と思った方がよいとシミジミ今日の静かな発言の少ない会場で思いました。明日の全体会にせめて教育現場に理解がある哲学者や社会学者、栄養士、保育士などの生の声が聞けたら思うのですが・・・。

2018-11-21 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : admin

エンジニアを目指して

 エンジニアを目指して関東の大学で勉強していた20歳の教え子が亡くなりました。夢に向かって頑張っていた最中の訃報に今日の通夜に駆けつけました。中学校時代と変わらない笑顔が祭壇に飾られ、両親の無念の想いが伝わって居たたまれない気持ちになります。20年の人生を生きた彼が参列した者たちに無言で語りかける言葉は、40年前に同じように関東の大学で学んで60年を生きた自分にも届いたように思います。

2018-10-26 | カテゴリー : その他, | 投稿者 : admin