木工の技術科授業の楽しみ

 授業の帰りにホームセンターに寄って明日の授業で使うワンバイ材を購入しました。生徒には2,000円以内の材料費で製作できるものを考えるようにしています。設計図がほぼ出来上がって明日から木取り作業ですが、生徒は図面で確認させるよりも実物で確認させる方が良いと考えています。1×4、1×6、1×8、1×10の長さ6Fの価格を提示して設計図から必要な部材を考え、価格を計算し必要な材料をそれぞれの生徒が申告します。簡単そうですが中学1年生にはここが出来ない生徒が結構います。板材の組み方で高さや幅も変わります。板厚を考えていない場合もあります。やり直しをして何度も設計図を練り直させます。ベニア材と角材を加えて2,000円を超えればまた、やり直しです。

 ホームセンターでワンバイを130枚購入しました。割れやひび割れなどのない木材を選ぶことから始まります。事前に近郊のホームセンター(ハンズマン、ナフコ、グッデイ、コメリ)に行って価格と材の質を調べてみました。工房の古本舎のリーホームにも繋がるのでツーバイ材やスギ材なども調べてみました。材料を選んで軽トラに積んでを繰り返して2時間かかりました。もし、生徒たちがこれからDIYを先々するようになった時に、同じようなことをするのではないかと思います。経費がいくらでどれくらいの物を製作するのか、その際の材料はどうするのか、どこで手に入れるのかなどなど。DIYをいざ始めるとなると小屋づくりは最適な課題のように感じています。(職場体験学習では小屋づくりに挑んでいます)今回の授業では棚や小物入れが多かったのですが、当初は卓球台などのアイデアもでていました。(費用が嵩むことがわかり途中で変更しました)木材の価格が高い物なのか安い物なのか、生徒によって感じ方は違います。設計図のパターンがあり、材料がほぼカットされ、価格を考えることがないキット製品の製作だけではわかりえない事を、製作に至るまでに考えさせる事が出来るのではないかと今回は仕組んでみました。材料取りでは節や傷があるものもあり、材料をどう選ぶのか、木取りをどうするのか様子を見ていたいと思っています。長い材料をどう取り回すのか、それ以前にどうやって30cm以上の木材の長さを測るのか楽しみです。いろいろなアイデアが見られることを期待しています。技術科の授業の楽しみのひとつです。