茶箱とペナント

 旅好きのお父さんが亡くなって残してくれたペナントの収納ボックスを製作してほしいと遠賀町の方から依頼されていました。田川の方から頂いた古い茶箱を再利用して収納ボックスにすることにしました。サンディングをして汚れや紙を取りアンティーク風に塗装してみることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ペナントは私たち世代以上の方にとっては懐かしい旅グッズです。この方が仕事の合間に日本全国を巡った足跡がペナントという形で伝わってきます。昨年閉園したスペースワールドのペナントなどはプレミアものだと思いますが、遺族にとっては一枚一枚が大切なものだと感じます。この茶箱を開けるたびにお父さんの匂いが蘇ってくるように感じられる収納箱をつくりたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペナントを見ていると懐かしい旅の歌が蘇ってきました。

2018-10-05 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : admin