ヘボコン行橋のルール

ロボット相撲です。日本のスポーツ「相撲」にアレンジを加えたものです。

【基本ルール】

100cm x 50cm ベニヤ板が土俵
両側から同時にマシンをスタート

  •  土俵から先に出たら負け

  •  転倒したら負け

以下の場合は負けではなく試合継続。
  接地していない箇所が土俵から出る
 壊れる(外れた部品が土俵の中や外に落ちることも含む)

 

ここから先は、できの悪いロボットでも活躍できるようにする目的で考案されたルールです。

  • マシン同士が接触しないうちにどちらかが土俵から出た場合は、試合が成立していないとみなし、やりなおし。 (コントロール性能の悪いロボットや、直進するロボットが不利になるのを防ぐためのルール) ただしやりなおしは 1 試合につき 2 回まで。3 回目はこのルールの対象になりません。

  •  1 試合の制限時間は 1 分。1 分以内に勝負がつかない場合は移動距離が短いほうが負け (移動しない重いだけの機体(鉄球とかレンガ)が最強になることの防ぐためのルール)

  •  試合はトーナメント形式の対戦表に沿って進行。

    【マシン規定】

    以下の条件を満たすロボットで参加してください。

  •  技術的に稚拙であること

  •  故意に相手のマシンを破壊する装置(自走式電動ドリル等)は禁止

  •  サイズは横 50cm 縦 50cm 以内(高さ制限なし)、重さ 1kg 以内

           ハイテクノロジーペナルティ
    

     ※ 市販のラジコンキットの上にウサギのぬいぐるみつけものなどは出場できます。

     ※ロボットが高度であるに該当するかどうかは、 事前に審査員に確認してください。

    ルールの説明は以上です。ヘボコンに出場する際は、別冊の「ヘボコンとは」もぜひお読み ください。ヘボコンでは優勝することよりも「ヘボさ」を楽しむことが大切です。勝ち負け にこだわりすぎず、お互いの「ヘボさ」をたたえあいましょう!

更新履歴
2015.01.11 バージョン 1.0 石川大樹
2015.01.17 バージョン 1.1 石川大樹 ライセンス表示の追加

コメントを残す